ことひら温泉「琴参閣」をおすすめする3つのポイント(クチコミ)【介護職員の香川県旅行(3)】

Pocket

香川県旅行記の第三弾は旅館のレビューになります。

ことひら温泉にある「琴参閣」という旅館に宿泊してきました。

ふるくから、こんぴらさんの門前で栄えてきた心あたたまる町。人と歴史が織りあげてきたすばらしきこんぴら情緒を、ことひら温泉琴参閣でゆったりとお味わいください。

スポンサーリンク

◆アクセス方法は?

【琴参閣】

所在地:〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町685-11

金毘羅さんやNEWレオマワールドに近い旅館です。

◆おすすめポイント①「トイレが2つある」

「琴参閣」は「讃水の館」と「飛天の館」の2つの建物に分かれています。

料金設定やサービス内容等で

「どうやら飛天の館の方がワンランク上」

という印象を受けました。

薄給の介護職員だからこそ、こういう旅行でさえリーズナブルを求めてしまいがちですが、そういうものに抗いたくなってしまうのが私の性(さが)でして、ワンランク上の「飛天の館」に宿泊しました。

チェックインして部屋に案内されるといつものように室内のチェックをするのですが、私が宿泊した客室にはトイレが2つついていました。

必要か必要でないかは別として、これは初めて遭遇した設備だったのでご紹介しておきます。

数名で宿泊していて、同時にトイレに行きたくなった時は重宝する設備だと言えます。

床の間もあります。

マッサージチェア完備です。

外の景色は日本庭園です。

バラの花がセットしてありました。

このバラの花をどういう風に使うかは、次でご紹介します。

◆おすすめポイント②「露天風呂(薔薇温泉)付き客室」

私の旅行記の定番となっています。

「露天風呂(温泉)付き客室」をセレクトしました。

露天風呂に行くまでに普通のお風呂があります。

ここを抜けて更に扉を開けると露天風呂です。

扉の外に見えてます。

石風呂です。

景色も最高。

夜になると月を眺めながら温泉に入れます。

そして、先程の薔薇ですが…

お風呂に入れちゃいます(そういうプランです)。

薔薇風呂を堪能しました。

翌朝の薔薇風呂。

温度設定もできます。

pH9の弱アルカリ性のトロトロのお湯でした。

◆おすすめポイント③「夕食と朝食は個室で堪能」

「部屋食」が多い私の旅行ですが、今回は部屋食がセレクトできなかったので「個室にて夕食と朝食を堪能」してきました。

部屋食も良いですが、準備や片づけや布団を敷いてもらう際に、ちょっと気を遣ってしまうのですが、個室だと食事を終えて部屋へ戻ると既に布団が敷いてありました。

「そういうメリットもあるんだなぁ」

と感じました。

【夕食】

さすがは「うどん県」。

讃岐うどんは欠かせません。

【朝食】

どれも美味しくいただきました。

◆まとめ

旅館に期待することは

・サービス

・料理

・お風呂(温泉)

・設備やアメニティ

になるかと思います。

いつも「露天風呂付き客室」を選択している私にとっては、あとはサービス(接客)と料理の味や量さえ「平均点以上」あれば文句を言うこともありません。

今は殆どの旅館がそれらに力を入れていますので、余程のことが無い限り「平均点以下」に遭遇することは無いかと思います。

「琴参閣」では担当の仲居さんがとてもしっかりしていらして、好感が持てました。

・客が言ったことを覚えている

・それをアウトプットし実行できる

という当たり前のことであっても気持ち良く過ごすにはとても大切なことなのです。

「インプットができてもアウトプットが出来ないと、やはり本物のプロとは言えないな」

ということを介護職員の身としてもひしひしと感じました。

快適に過ごせた「琴参閣」オススメです。