泣き寝入りをする介護職員が多いことにも問題がある「その改善策は?」

Pocket

どの業界でも言えることですが、雇い主と従業員の関係はまだまだ主従関係にあります。

介護業界においては尚更その風潮が強いと言えます。

その理由は

「まだまだ奉仕に属する仕事」

「働かせてやっているだけありがたいと思え」

という経営者側の考え方があるからです。

そういう風潮も大変問題だとは思いますが、もっと問題だと思うのは「そういう環境に文句も言わず泣き寝入りばかりしている職員」です。

自分が正しいと思うことさえ言えず、社会通念上や法律上で考えても「明らかにおかしい」と思うことまで甘んじて受け入れてしまっている体質があります。

そういう体質が更に経営者側の傲慢さと不埒な運営を増長させてしまっている原因ではないでしょうか。

今後はもっと従業員側の権利確保や主張をしていける環境づくりが必要だと思っています。

スポンサーリンク

訴訟大国を見習え

日本人は「訴訟」に関しては疎い人種です。

法律家や大企業などにとっては身近なものかもしれませんが、そうではない一個人としては想像もつかないものになります。

今まで一度も訴訟を経験されたことのない人もいらっしゃるかと思います。

しかし、経験値と勇気が足りないだけで、訴訟はもっと身近にあっても良いものだと思っています。

「訴訟」と聞くと身構えてしまったり、何か犯罪を裁かれたりする「負のイメージ」がつきまといますが、決してそうではありません。

確かに時間や費用が掛かってしまう難点はありますが、「裁判所で自分の権利や義務の法律的確認と確定を求めること」は我々国民に当然に与えられている権利なのです。

訴訟大国と言われているアメリカは、日々もの凄い数の訴訟が発生しています。

「出されたコーヒーが熱すぎた」というだけで訴訟に発展します。

それ故に、様々な社会問題も発生しているようですが(今回は割愛します)、そこまでいかないにしても、少しは日本人、いや介護職員も見習うところがあるのではないでしょうか。

どんなパワハラやモラハラを受けても我慢したり泣き寝入りをしている姿は「逆に異様」です。

訴訟を避けてしまう理由

先程も書きましたが、確かに訴訟には負のイメージがつきまとうので「事なかれ主義の日本人」は避けてしまいがちです。

理由①「時間と費用が掛かる」

毎日仕事で忙しい中、訴訟を起こしてしまうと時間も掛かれば裁判費用や弁護士費用も掛かります。

しかし、会社が相手ならば裁判所からの出頭命令を理由に会社を休むことが可能ですし、当然会社も許可をすることでしょう。

費用(お金)の面に関しては、薄給の介護職員では捻出することが困難かもしれません。

だからと言って泣き寝入りをするのもおかしな悪循環と言えます。

明らかに勝てる裁判であれば、勝訴後の判決で裁判費用を相手側に支払わせることもあり得ますし、国が設立した法的トラブルの総合案内所である「法テラス(日本司法支援センター)」に相談すれば、弁護士との相談が無料だったり、その後の弁護士費用が分割で支払いをすることが可能です。

経済的弱者への法律的救済機関があることも知っておいて損はないと思います。

理由②「働きづらくなる精神的苦痛」

自分の働いている会社を相手取って訴訟をすると、「働きづらくなるのでは?」と思われることでしょう。

実際問題、訴訟を起こさなくても働きづらい業界なのに、会社を敵に回してしまったら余計に働きづらくなるのは想像に容易いです。

昨日まで挨拶を交わしていた上司や経営者が急に無視するようになり、目線さえ合わせてくれなくなるかもしれませんし、些細なことでパワハラ被害を受けるかもしれません。

普通に働いているだけなのに不当な評価しかされないかもしれません。

「働きづらいことこの上なし」の状況です。

明らかに精神衛生上良くない状況ですし、精神的な苦痛を伴います。

その際は、そういった事実をメモなどに記録しておき、更に被せて「精神的苦痛を与えられた」という訴訟を起こしましょう。

経営者が職場環境健全化に努める義務があるのは当然のことですから、事実と被害が認められれば「自分自身で自分の権利を確保」することができます。

理由③「勝てるか勝てないかがわからないリスキー」

最終的には法律に基づき裁判所が判断することなので、勝てるか勝てないかは誰にもわかりません。

会社を相手取って訴訟を起こし負けてしまったら目も当てられない状況です。

「そんなリスキーな訴訟なら初めからせずに泣き寝入りしている方がマシだ」

と考える人が多いのは当然のことと言えます。

この点については、先程ご紹介した「法テラス」等で、ケースごとに弁護士の専門的な意見を聞いておき、弁護士が「それはほぼ勝てる」という判断をするならば「訴訟に踏み切る」という判断をするのが賢い選択かと思います。

我々、薄給戦士介護職員の顧問弁護士は「法テラス」なのです。

証拠の残し方

訴訟では「証拠」が命です。

証拠だとか「主張を証明する何か」が無ければ不利になります。

日時と相手の名前と発言内容をメモしておくだけでも証拠になりますし、一番有効なのは「録音」です。

ICレコーダーを購入しておく必要がありますが、スマホの録音アプリでも代用できますので、急な場面でもスマホさえ持っていれば録音可能です。

最後に

「訴訟大国を見習って、どんどん訴訟を起こそう」という内容を書いたわけですが、「実際問題まだまだ色々難しい状況や環境がありハードルの高さを感じる」のが正直な所です。

しかし、大切なのは

「自分への権利侵害を放置しない」

「逐一、証拠を残しておく」

「薄給戦士の顧問弁護士は法テラス」

ということを日頃から心掛けておけば、本当に自分が窮地に立たされた時に何かの役に立つことは間違いないでしょう。

労働問題であれば、労働基準監督署に行けば無料で対応してくれますし、それでも物足りなければ「法テラス」です。

仮に勝訴しても一桁万円台の微々たる金額にしかならないかもしれませんが、自分の権利と正当性を確保できますし、訴訟が日常化すれば事業所のワンマンプレーやパワハラの抑止力にもなります。

大切なのは「証拠」です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事が「面白かった」「及第点はあるかな」「まぁ良かったんじゃない?」「またブログ記事が更新されれば見に来てあげてもいいよ」と思って頂ける方は下のランキングバナーをクリックして頂くと、私のランキングポイントが加算されます。

ランキングが上がると記事更新のモチベーションが上がりますので、是非とも宜しくお願いします^^

コメント

  1. とも より:

    こんばんは
    そうですね、介護職員は自分の権利擁護がドヘタクソだと思います。中途組として思うことは、①客観的に理詰めでいけば勝てるのに感情的になり言い負かされる②情報に疎い(処遇改善加算Ⅰがあることを知らないなど)など…。
    あと、管理側が情報を巧妙に隠している(介護職から開示を求めないと介護休暇や看護休暇を有休にされるなど)もありますね。
    ちなみに、山嵐さんのお勤めの法人に労組あります?ストライキはしないにしても、団体交渉とかはできたらなあと思います

    • 山嵐 より:

      >ともさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      私の法人に労組はありません。
      労組のある事業所をあまり聞いたことがありません。
      介護業界ももっとオープンに労働者の権利が訴えられるようになればいいですね。

  2. デイちゃん より:

    こんにちは。
    私の事業所は、以前は9時からの始業だけど8時から常勤さんは来て、電話をとったり掃除をしたりして、9時前に朝礼をした後タイムカードをおしていたんですが。
    新しく入った新人の常勤は、「サービス早出残業は絶対しません」と毎日9時ぎりぎりに来てるんですね。すると他の人も、「新人がしないんだから自分もしないよ」ってなって、今では常勤さんはみんな9時ぎりぎりに来てます。(笑)
    まあ、サビ残はしないってのは当然と言えば当然なんですが。
    でもそれで業務がちゃんと回って売上利益が上昇してればいいのですが、売上ダダ下がりで赤字たれながし。
    う~ん、サビ残しないのはいいけど、本来の職務能力に問題があるのでは?って感じですね。

    私のデイは、もうサボってるカスタッフばかり。
    朝も始業時間ギリッギリに来て、連絡ノートも見ず、暖房もつけず、何も準備せず送迎車に乗るスタッフばかり。
    でもさあ、送迎の1便目がついた時、暖房もしてなきゃ、利用者さん寒くてかぜひくんじゃない?暖房入れるなんてほんの1分でできるのにさ~。なぜしない?そんなに仕事したくないの?だって送迎車で往復1時間は寝てるんでしょ?
    送迎の後も、利用者全員ほったらかし。脳トレなんて事務所によった時にコピーすればほんの数分でできるし、それを配るのもほんの数分でできるのに。何もしない。
    だから入浴担当の私がなぜか走り回って入浴の合間に脳トレとか配ってる。おかしいね~。

    介護職の権利が・・と言うけど、結局サボりまくってる介護職って、権利を十分に行使してると思うのです。
    みなさんも、私のデイを見学に来ませんか?
    利用者ほったらかしで、ずっと座ってる。入浴も手伝わない。個別レクもしない。本当に何もしない。ただ座ってるだけで給料もらえたら、すごく楽ですよね。そういうスタッフ、何も不満ないと思うよ。(笑)

    正直者がバカを見るのは、どこも同じですね。
    というわけで、私もサボっていいですか?(笑)

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      サビ残しないと売り上げが上がらない状態も悲惨ですね。
      「サボっている職員は権利を十分に貪っている説」…一理ありますね。

  3. デイちゃん より:

    連投すいません。
    この記事を見て、管理人様の施設のスタッフは、まじめに働いてるんだな・・と思ったんです。
    それこそ、訴訟でも!っていうくらい、理不尽な思いをして働いてる。
    私のデイのスタッフなんて、サボりすぎてて、訴訟を起こすどころか、むしろ会社に職務怠慢で訴訟起こされちゃいますよ。(笑)

    以前緊急ショートの話があったと思うのですが、私のデイがショートなら、緊急ショートが来てもその後すぐに事故になって、病院に救急搬送されると思います。
    介護劇場「私のデイがショートなら」~緊急ショート編~
    上司「今から緊急ショート来るから」
    カスタッフ「え~?もう帰るとこなのに」
    上司「その人、歩行不安定だけど動くので目離ししないでください」
    カスタッフ「わかりました」
    利用者到着10分後、ドスンといういやな音が。
    上司「今の音、何?」
    カスタッフ「緊急ショートの人、転倒したみたいです」
    上司「え?目離ししないでって言ったよね?」
    カスタッフ「他の利用者の介助してたんで無理です」(実際はサボってた)
    カスタッフ「緊急ショートの人、痛くて歩けないって言ってます」
    上司「救急車よんで」
    カスタッフ「あ、僕もう帰るので、後はよろしくで~す」
    あの施設に緊急ショート入れても事故になって病院に搬送されるので、意味がないってことになり、緊急ショートは来なくなりました。めでたしめでたし。

    やっぱりまじめに働いてる人は損をして、サボってる人は得をするんですかね。
    私はどうしてもサボれない性分なんですけど、サボってるスタッフに腹が立つやら、自分はしんどくてイライラするやらで、ストレスすごいんですけど、どうしたらいいんでしょう。
    たぶん、良心が痛まない程度にサボって、イライラしない程度に働くのがいいとは思うのですが。結局気がついたらめちゃ働いてる。そういう性分なんですね。

    • とも より:

      デイちゃんさん、こんばんは
      真面目に働く人が得になれば1番ですね。真面目に働いた分、経験が身に付くと思うのですが、のさばるのは年数だけ長い人たち…。当然、目に見える「成果」も上げられないし。
      サボれない性分、分かります分かります。私も同じ性質です。動かない職員にイライラしながら、自分が動いてしまう(笑)
      一回、故意にサボってみようと思ったのですが、ストレス半端なかったです、はい(笑)
      よく動く職員ばかり集まったら、それは優秀な施設ができそうですね。
      介護業界に、FA制度導入を

      • デイちゃん より:

        コメントありがとうございました。
        過剰に働くと、「なんで自分ばっかり働いてるんだ」「あいつらはサボってるのに」「自分が働くからあいつらがサボってるんじゃないか?」となってしまうので。
        これからは、「今日はよく働いた」「一生懸命働くと気持ちがいいな」程度に働こうと思っています。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      コメントありがとうございます^^

      相当闇の部分ですね。
      対価以上に働けば損をして、対価以下の働きの人が得をするという…チームプレイの現場ではあってはならない状態が黙認されていますね。

      今後改善していく見込みがなければ愛想を尽かしてしまう人が出るのは自然の摂理でしょうね。

      • デイちゃん より:

        ありがとうございます。
        私のデイは、重度の利用者ばかり入れて、スタッフは配置基準以下しか入れず、それで利益がガバガバ出てたんですよね。
        その後重度は入院入所死亡でガンガン減り、売り上げダダ下がりで利益も赤字に転落。
        なので、スタッフがサボってるのは、今までめちゃしんどい思いさせられてきた仕返しかもしれませんね。
        いや前からサボってた気がするんだけど・・・。

        「イベントをして利用者をよべ」と言うけど、毎回カラオケとビンゴゲームじゃつまらないから来ないよね~。
        私がこの前節分のイベントしたんですが、ふだんしないようなゲームを何個もぶっこんだので、久しぶりに利用者さんの笑顔を見ることができました。
        普通のデイって毎日こうだよね?

        ま、他の事業所も赤字のとこばかりなので、そろそろ支店長も首かな~って感じです。
        支店長首になったら、事業所の管理者もガラガラポンされるので、何かかわるかな。

        • 山嵐 より:

          >デイちゃんさん

          こんばんは~
          返信ありがとうございます^^

          そうなんですね~
          営利法人でも赤字になる業界ってやはり闇深いですね。
          今後どうなっていくのかはわかりませんが、このまま自己犠牲だけで支えていく将来だけはイヤですね><