「書類や記録の書き方」に感じる介護職員の劣等感

Pocket

介護職員は利用者のケア以外にも、書類や記録といった「事務作業」もする必要があります。

それらに目を通した時に、いつも違和感を感じてしまうことがあり、今回はその違和感について記事を書こうと思います。

スポンサーリンク

◆違和感を感じる場面

私が違和感を感じる文章は、その中に書いている介護職員本人と利用者以外に

・同僚

・上司

・看護師やケアマネ等の他職種

などが登場する場面です。

自分以外との人物との絡みで

「上司や看護師に報告を行った」

「状態の確認を行った」

「処置を行った」

という記録や書類を読んだ時に50%以上の確率で違和感を覚えます。

◆違和感の正体

違和感の正体は「言葉遣い」「言い回し」から読み取れる「介護職員の劣等感」です。

どの部分に劣等感を感じるのかと言うと

「看護師に報告し処置して頂く」

「夜勤リーダーに報告し状態の確認をして頂き待機看護師に連絡をして頂く」

などのように、しつこいくらい「して頂く」を多用している所です。

介護職員は同僚や上司や他職種にどれだけ「して頂く」のでしょうか。

「丁寧な言葉を遣いたい」

という気持ちはよくわかります。

しかし、書類や記録にその言い回しは必要でしょうか?

そもそも、上司や看護師やケアマネ達の行っていることは、各々の職責の範囲内での「業務」であって、特別な何かをしているわけではないですし、その業務に対して我々介護職員がへりくだって

「して頂いている」

「お手を煩わせて申し訳ない」

「自分達ができない業務をしてくれる雲の上の存在」

などと感じる必要はないのではないでしょうか。

仮に内心「雲の上の存在の人に対応をしてもらった」と思ったとしても、記録や書類にそういう書き方をしなくてもいいと思うのです。

やはり、そこには

「介護職員は底辺の職種である」

「自分には越えられない高い壁が存在する」

「自分はカースト制度の中で底辺の存在だ」

という「劣等感」が存在すると感じています。

◆介護職員独特の言い回し

「して頂く」という言い回しを書類や記録に書く行為は、介護職員独特のものであると感じています。

何故なら、他の職種の人が

「介護職員に排泄交換をして頂く」

「介護職員に口腔ケアをして頂く」

という記録を書いているのを見たことが無いからです。

そう考えるとやはり

「介護職員は劣等感の塊なのではないか」

「介護職員は常に最底辺での位置づけであるということを自分で認識しているのではないか」

という結論が導き出されます。

◆まとめ

私は自分のユニットの職員には

「「して頂く」と書く必要はない」

「むしろ書かないで欲しい」

と伝えていますが、その時は直るのですが暫くするとまた「して頂く」という文字を見掛けます。

これは相当根深い「劣等感」と「丁寧な言葉で書いていれば文句は言われないだろうという勘違い」が植え付けられているのだと思われます。

多職種協働だとかチームケアに貴賤は無いと思っています。

まずは、介護職員ひとりひとりの「意識改革」が必要であるとひしひしと感じています。

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。台風は大丈夫ですか?

    「~して頂く」なんて書いてるんですか?
    それはおかしいでしょ。記録だから、スタッフに敬語はいらないでしょ。
    例えば管理者から家族に報告してもらう時でも、「管理者〇〇より家族に報告した」って書きますよ?
    ましてや、看護師に敬語なんて使わないですよ。なぜ必要なんですか?意味がわからない。

    そもそも看護師って介護職より上なんですか?看護師なんて何もできないですよ。
    ドクターじゃないからできる医療行為は限られてるし。介護技術はないし。行事はできないし。給料高いだけで役立たずだし。現場は回せないし。
    介護施設回してるのは介護職だよ?介護職が中心なんだからさ。看護師が中心なら、看護施設って名前変えたらいいじゃん。って実際、ナーシングホームってあるけど。(笑)

    やっぱり介護職の給料を看護師より高くしないとダメですね。(笑)
    さらに管理者よりも現場の介護職の給料を高くしないとダメですね。(笑)
    そうしたら、敬語で書かなくなるかも。(笑)

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      台風は只今、暴風雨の真っただ中です。
      明日の朝には抜けていると思われます。

      「~して頂く」という書き方は結構見ますね。
      本当に意識改革と給与改革が必要ですね(笑)

  2. とも より:

    こんばんは
    いますいます、「して頂く」ばかり使う介護職員。私は事故報告含め記録では絶対に使わないようにしています。いろんな考えがありますが、処置は看護師の業務だからへりくだる必要はないですよ。
    でも、介護職員の中にとんちんかんな文章書く人が割合的に多いのも事実かな、私の勤務する特養では。
    事故報告書く時に隣で「~と書いときましょうか」と言ったら、全然違う文書いてましたから。
    底辺だと感じる必要はないですが、社会の下の方から脱却できない理由もあると思います涙

    • 山嵐 より:

      >ともさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      そうなんですよね。
      「へりくだる必要はない」という反面、「ちょっと文盲チックな人が多い」のも事実ですね。

      そこら辺、忖度(そんたく)でもしてくれればいいのですが(謎)