【介護現場の実情】二人同時に食事介助「ツバメのエサやり?」

Pocket

前々回の記事で、特養の七不思議のひとつ「食べられないのに食べなさい」という介護現場の実情をご紹介しました。

私のTwitter(ツイッター)アカウントの固定ツイートに「特養の七不思議」というものを置いています。 ...

食事繋がりで、今回は「介護現場の食事介助(略して食介(しょっかい)と言います)の実情」について記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

食事介助とは

介護現場で働いている皆様なら解説は不要かと思いますが、現場をご存知ない人に向けて食事介助の解説をしたいと思います。

食事介助とは、被介護者に対して食事摂取の介助をすることです。

想像されるのは、食事をスプーンに乗せて「あーん」と言って食べさせてあげるイメージがあるかもしれませんが、基本的にそういうことです。

そういう状態を「全介助」と言います。

「全部介助」という意味です。

全介助まで必要がない利用者には「一部介助や半介助」をしたりします。

何とか自力摂取はできるけど、食べこぼしが多かったり、上手く口に運べなかったり、食事を食事だと認識できずにスプーンでこねて遊んでいる利用者に対して「声掛け」「食器を食べやすい位置に置き替える」「箸やスプーンを手渡し摂取を促す」「スプーンを口に運べるように動作を誘導する」などを行います。

「一部や半分介助」という意味です。

介護現場での食事介助では「自立した食事摂取ができる利用者以外」の利用者に対しては、上記のように「全介助や一部介助や半介助」を行っています。

食事介助が必要な利用者と職員の人数の比率

人員不足の介護現場では、日中の介護職員の配置は2ユニット(20床・最大利用人数20名)に対して2人~4人程度になります。

食事介助が必要な利用者が仮に10人いた場合の比率は

職員2人:利用者10人=職員1人当たり利用者5人

職員3人:利用者10人=職員1人当たり利用者約3.3人

職員4人:利用者10人=職員1人当たり利用者2.5人

となります。

職員が4人いても、2人以上の利用者の食事介助が必要になります。

そもそも現状で、日中に4人もの職員が配置されていることは稀です。

栄養士や看護師が食事介助の応援に入ってくれることもありますが、同じ状況のユニットやフロアが施設内にいくつもあれば「手が回らない」ということになってしまいます。

二人同時に食事介助を行うことが常態化

介護現場では食事介助が必要な利用者と職員の人数の比率に問題があり、「職員1人に対して利用者2.5人~5人の介助」を行う必要があります。

一人の職員で、同時に二人の利用者の食事介助をすることも日常的に行われています。

一人ずつ順番に介助をしていたら、二人目の利用者を相当待たせることになりますし、食事の片づけも遅くなり、他の仕事ができなくなったり、他の利用者の排泄介助まで手が回らなくなります。

食事介助をしている時に、他の利用者から「トイレに連れてって」と訴えあれば、一旦食事介助を中断してトイレへ誘導します。

数分間、食事を中断された利用者は満腹中枢も働いてきますし、食欲や食事摂取量が減ってしまう原因にもなります。

かと言って、「ちょっと待っててください」などと言って、トイレの訴えを待たせれば「スピーチロックと言われたり、失禁をしてしまうおそれ」があります。

「スピーチロックをしないようにするために食事摂取をロックする」という摩訶不思議な状況が発生しています。

ですから、現状の介護現場ではスムーズに業務が行えるように苦肉の策として「1人の職員が同時に2人の利用者の食事介助を行う」ということが常態化しています。

二人同時に食事介助の注意点

二人同時の食事介助は慣れないと相当難しいです。

最悪の場合、利用者を危険な目に遭わせてしまう可能性があるので、本来はしない方が良いのですが、人員不足(というか人員配置基準を満たしていても足りない)の介護現場では致し方が無い状況なのです。

注意点①「食事を間違える」

食事を介助する利用者が同時に二人いるのですから、当然ですが食事も食器も別々です。

介護者が意識をしっかり持って注意深く介助していないと、両者の食事を取り間違えてしまう危険があります。

仮に食事形態が同じだったとしても、別の利用者の食事を介助してしまうのはあってはなりません。

テレビを観ながら無意識に食事介助をしている職員もいますが、厳禁です。

注意点②「スプーンを間違える」

食事の取り間違いもありがちですが、スプーンなどの食事用具の間違いもあり得ます。

手に持っているスプーンを一回一回取り替えて、利用者に介助をするのですが、無意識に同じスプーンで別の利用者の食事をすくいあげ介助してしまうミスも発生しがちです。

注意点③「嚥下のタイミングが違う」

二人同時に介助していても、両者の「食欲」「開口」「咀嚼」「嚥下」の状態は違います。

単純に交互に介助していけば良いというものではありません。

利用者個々の状態と嚥下したタイミングを都度、確認しながら介助を行う必要があります。

「ツバメのエサやりじゃないんだから」という批判

現場の苦肉の策として、二人同時に食事介助を行っているわけですが、確かにその「見た目」は良いものではありません。

「ツバメのエサやりじゃないんだから」

と言って批判する人もいます。

確かに、ツバメの親が複数の雛鳥にエサを与える姿に似ています。

「利用者は人間なんだから一人ずつ食事介助をするべきだ」

「人格無視や尊厳の軽視ではないか」

「自分がされたらどう思うんだ?」

ということなのでしょうが、それは我々現場職員も重々承知の上なのです。

わかっていても、やらざるを得ない状況に追い詰められているのが介護職員なのであって、「そういうことをわざわざ介護職員に言って更に追い詰める必要があるのか?」ということを逆に問いたいと思います。

我々だって、出来れば二人同時に介助なんてやりたくはありません。

まとめ

二人同時の食事介助が常態化している介護現場の実情について書きましたが、食事介助が必要な利用者が10人もいるユニット(フロア)は利用者・職員ともに相当な負担が掛かるので、事業所も上手く割り振りを考えていることと思います。

実際、同じユニットに食事介助が必要な利用者が5人以上いれば、相当な負担が発生します。

二人同時に食事介助をしたとしても、利用者が4人なら職員2人で対応できますが、利用者が5人になれば介助に掛かりっきりの職員が3人必要になるからです(三人同時の食事介助は想定外)。

明らかな人員不足の場合、事業所も黙認したり容認しています。

「エサやりじゃないんだから」

と言う前に、もっと現場の現状を知り、実際に自分が食事介助をやれば良いかと思います。

利用者の人格や尊厳を貶めているのは、「人員の配置体制であったり介護保険制度そのもの」なのです。

コメント

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。

    普通のデイなら食事介助なんて必要な人こないんだけど、私の会社は金もうけ最優先で、デイも介護3以上の重度ばかり。
    介護5の胃ろうも何人もいる。しかもナースがシリンジで注入せなあかん人もいて、ナースが「手がとられるじゃん」っていつもピリピリしてる。
    で、胃ろうのくせに、「口から食べる訓練してください」とか、そういうの困るわ。病院のリハでやってくれないと。ここSTさんいないし~。

    食事全介助で、むせまくりな人とか、全然口開けない人とか、すぐ食べるのやめる人とか、何人もいて、もうめちゃくちゃ。
    あと、「私まだごはん食べてない」とか言い出して、他の人の昼食を横取りしようとするスーパー認知とか。見てないと、下げたお膳から残飯食べとるし~!!

    介護4の全盲の人に次のお皿とはしをにぎらせながら、となりの介護5の口におかゆをスプーンで運び、そのとなりの介護5の口にミキサー食をスプーンで投入する。
    ふと見ると、となりのとなりの介護4がおしぼり食べてるから、口から出させておしぼり下げる。「白いものを食べるからティッシュやおしぼりは前に置くな」と連絡ノートに書いたのに、誰が置いたんだよ。(#^ω^)

    利用者30人以上いるんだけど、スタッフ3人っておかしいね。
    しかも昼食の時って事故が起こりやすいのに、なぜかスタッフ、休憩を回すでしょ。
    利用者の昼食が終わってから、半々で休憩回すとかすればいいと思うんだけど。
    利用者が昼食の時にスタッフも昼食食べなきゃっていうのは、改善したほうがいい固定観念かもね。

    ま、どっちにしろ、スタッフ減らしすぎですね。
    私はできないことはしない、一人分しか働かない、としか思ってないから、ま、別に~って感じです。(笑)

    そうそう、そんな状況なのにさ、産休明けの常勤が「子供が熱出したので」って、ぽこぽこ休むんですよ。
    で管理職アフォだから、代わりの人を手配することもしない。
    それ、おかしくない?
    そりゃ常勤が急に休むのもどうかと思いますよ。でも代わりの常勤呼ぶとかさ、人の手配は管理者の仕事でしょ?
    ただでさえスタッフ配置基準以下にしか入れてないくせに、さらに休んでも手配もしないなんて。どんだけバカなんだよ。
    そこまでして人件費削りたいのかよ。だったらお前がタダ働きしろよ。

    ま、私の事業所、もうすぐ長いこといた常勤さんが管理者のパワハラでやめるんですけどね。その人がいなくなったら致命的に崩壊するのは分かってるんですよ。でも私は何も言いませんが。
    崩壊の10月はもうすぐです。楽しみ~。(笑)
    事故よおこれ!利用者減らせ!管理者首になれ!

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんにちは~
      コメントありがとうございます^^

      胃瘻の人の経口摂取訓練などの危険が伴う専門的な見解が必要なリハビリを日常生活上の介護を提供している事業所に言われても困りますよね。
      介護事業所なら何でもしてくれると思っている家族もいますし、ケアマネからちゃんと説明して理解を得るようにして欲しいですね。

      うちは、ある程度昼食介助が落ち着いてからスタッフの休憩を取るようにしています。

      現場管理が滅茶苦茶だと、イケナイ願望を持ってしまう気持ち、よくわかります><

  2. デイちゃん より:

    「ヤクルトやコーヒーを小さなスプーンで舌の奥の方に入れて、のみこみの状態を見てください」とか、そんなの訪問リハでやれよって感じですけど。
    どうしてそんな個別のリハビリみたいなの、ホイホイ受け入れるんでしょうかね。管理者は大馬鹿。

    食介があっても早い人だと30分くらいで食事が終了するので、みんなあらかた食べたかなってあたりで、スタッフは休憩に行けばいいかも。
    でも今、入浴が終わらないからって昼食は12時15分からにしてるんですね。
    すると、30分食べた後12時45分から休憩になるから、結局スタッフが全員そろうのは14時45分になって、もうおやつの時間。
    体操を14時からするとして、14時からの1時間くらいはスタッフがうすくなっちゃうから、集団体操でスタッフ一人が利用者30人をひきつけて、残りのスタッフ二人でトイレ誘導とかオムツ交換をする必要があるね。
    ってその方がいいかもだけど、私は何も言わないとこう。

    今はただでさえ配置基準違反の上に、スタッフが急に休んでる状態だから、全くスタッフがいなくて、もう事故がおこってもしょうがない状態。
    私は走り回らず、とにかく目の前の利用者の介助のみしてる。
    目の届かない利用者が転倒骨折しても、「だって〇〇さんのトイレ誘導してたから無理です」と言うつもり。
    そうすれば自然と利用者は減っていくでしょうよ。
    未必の故意ですけど、しょうがないよね。だって会社がスタッフ入れないのが悪いんだもの。
    と思ってたら、ケアマネがかわって入居施設のデイ利用がまるごとなくなって、来月からマイナス50万だわ。そこの施設、重度ばっかり来てたから楽になるな。
    神様っているよね~。

    • 山嵐 より:

      >デイちゃんさん

      こんばんは~
      返信ありがとうございます^^

      嚥下テストや個別リハビリは専門のリハビリ職にお願いしたいですね。

      人員的にも環境的にも事故が起こりやすい状態ですから、まずは自分が事故を起こさないように自分を守って働くしかないですね。

  3. とも より:

    おはようございます
    皆様の施設、重度の人手不足or容量以上に利用者を受け入れてれのですね
    自分のとこはまだまともだなと
    10人中、全介助1人、一部介助3人ですから。一部介助も箸とか持たせたら食べれる方だから、まだまし。

    全自動食事介助ロボットとかできんですかね。でも、呑み込み関係なく入れ続けたり、むせたら背中をすごい勢いで叩いたりしそうですね。

    • 山嵐 より:

      >ともさん

      こんばんは~
      コメントありがとうございます^^

      入所当初は自力摂取できていた利用者がだんだんと介助が必要になってくるというパターンもありますし、介護度が低い利用者ほど基本報酬も低いですし、人手不足はいつもですし、そういう全介助の利用者を多く抱えてしまうことは往々にしてありますね。

      嚥下やムセを感知できる介助ロボットができればいいですね(まぁ私は当分無理だと思っています)。

  4. MOCO より:

    旧型特養で初めてその光景を見たときは驚きました。
    しかも立ったまま、食介の必要な人を順にクルクル回るんです。
    衝撃的でしたが、座って目線を合わせて…なんてやってては間に合いませんからね。
    嚥下の悪い人は途中で終わってました。もう少し時間があれば半分は食べられるのになぁ。
    今はショートステイですが、食介3人~4人で、職員が2人だと大変です。
    全介助までしなくても、少し介助が必要だったり、服薬介助もあるし、下膳もしなきゃいけないし。
    食介の遅いスタッフもいて、チビチビ、チビチビやってるから1時間たってもほとんど残ってる状態。ユニットケアだから良いらしい…。
    もうわけがわかりません。